オオコーチは機械等級区分構造用製材のJAS認定工場なのですが、
当社の材木を使った木造の非住宅・非公共を次の材で建築するとき、材料費に補助が出る
「JAS構造材利用拡大事業」という補助金が出ました。

木材は工業製品と違い、個体差の大きいもので
使う方の経験と感覚に頼る部分が多いと思われる中、
JAS製品は、検査やデータを用い格付を行います。
そのため、JAS規格を使った構造計算などができます。

JAS材を製造する製材工場とJAS材で建築する工務店の普及を促進する
補助金ともいえます。(CLTの促進でもありますが)

5月より「JAS材使うぞ!」という宣言する方の募集が始まりました。

補助金の利用にもまずは「使うぞ!」宣言から。
なお、説明会は順次行われており、残すは西日本のみのようです。

JAS構造材利用拡大事業(ホームページ内容順次拡大中の模様です)
https://www.jas-kouzouzai.jp/