今回は新春鼎談。
当社の副社長宅にて、
菊丸さんと根付職人の梶浦さんと当社の黄瀬社長と
「あらためて「木」を考えよう」ということで
いろんな角度からお話しをしていただきました。

梶浦さんは伝統的な根付文化を多くの方に知って欲しい、と
自ら根付職人の道を選ばれたそうで、
海外でも活動されているグローバルな方でした。
根付の一番所蔵している国がイギリスと知ってびっくり。

そして菊丸さんは普段は洋服でのロケばかりだったので
着物姿が新鮮というか、テレビの中の人っぽいというか
落語家さんなんだなーと不思議な気持ちになりました。


(左)ディレクターとの打合せの途中にカメラに気付いてくれたお茶目な菊丸さん。
(右)実は5人出てきた今回の木になる噺。みんなでベリーウッド